外壁診断

建物の状況をきちんと把握できます。

ロープブランコ工法が低コストの外壁診断を可能にしました。
これまでは、外壁診断をする際に大掛かりな足場を組まなくてはならず、予算が無い場合は、手の届く範囲や目視できる範囲でのおおよその痛み具合などを基に建物の状態を判断しなくてはなりませんでした。

当社のロープブランコ工法では、足場を組む必要がありませんので従来よりも断然に低コストで外装診断が可能です。必要な時にすぐに調査をはじめられます。
また、調査の際は、当社で独自に開発したワイヤレスモニターシステム「確認くん」を使用し、お客様ご自身の目で直接現場の映像を確認することが可能です。

外壁診断の方法

職人による目視と打診による音で、判断致します。打診による調査が最も確実と言われています。 漏水の場合は、外壁のクラック(亀裂)・爆裂(モルタルの剥離)・窓廻り及び目地シーリングの劣化・外壁の浮き・建設時の未処理部分等が原因に成り得ます。