外壁下地補修

爆裂補修工事

地震等の外的要因によって、コンクリート外壁にひび割れが生じた際、そのひび割れから雨水がコンクリート内部に浸入します。 雨水は内部の鉄を錆びさせ、膨張をひき起こし、コンクリートが剥落する原因となります。爆裂補修工事では、内部の錆びを修復させ、もとの状態に戻します。


クラック補修工事

コンクリート外壁にひび割れが生じた際は、雨水が浸入し、爆裂をはじめとした現象を引き起こす原因となります。 クラック補修工事では、壁面表層部(塗膜やモルタル)を削り、コンクリート本体に出来たひび割れをむき出しにした後、ひび割れに溜ったほこりやゴミを丁寧にエアーブラシで洗浄し、エポキシ樹脂等で埋め、もとの壁面に綺麗に仕上げます。


鉄部塗装

手摺や、格子窓など、劣化によって生じたサビを一つひとつ丁寧にケレン(錆びをヤスリで研ぐこと)した後、塗装等を行い、美観性や耐久性を取り戻します。