〜断熱ガラスコーティング〜

窓ガラスに塗るだけで、断熱効果&結露抑制がある『エコなナノコート』


■冷房費15%削減
日射熱(近赤外線)約30%カットするので、ジリジリする夏の西日も気になりません。 窓から入る直射熱も約4℃カット出来るため、冷房の温度を1〜2度上げる事で節電になります。
■紫外線70%カット!
皮膚や目に最も有害とされるUV-B(290〜320nm)については98%以上カットされます。
*(財)日本坂ガラステクノリサーチ調べ


■暖房費15%削減
ガラスコーティングを塗ると、塗布前に比べて、暖房熱(遠赤外線)をコーティング膜が吸収し、
室内側に再放射するため、窓ガラスからの熱が外側へ逃げづらくなります。
■結露50%抑制
上記のように、窓ガラスからの熱が外側へ逃げづらくなることによって、室内側のガラスが冷えにくくなり、
塗布前に比べて結露の発生量が約半分になります。
*部屋の広さ、環境により異なりますので保証値ではありません。



ガラスコーティングQ&A

Q:施工は簡単ですか?
A:窓ガラスの内側からコーティングするため、スプレーガンの様な大掛かりな機材は必要ありません。

Q:原材料はなんですか?
A:特殊アクリル樹脂とナノクラスの金属微粒子(IT関連で使用されている電磁波防止用金属粒子ATO)で出来ています。

Q:コストは高くない?
A:内側からの施工なので、足場の確保などがいらず(窓の大きさによります)、低コストで施工できます。
  材料費も断熱材として一般的に使用されているフィルムに比べて約2/3の価格です。

Q:耐久性はどうですか?
A:内側施工のため、汚れなどがつきにくく、耐久性も抜群です。
  また表面硬度はフィルムより硬く、傷がつきづらく、10年以上の耐久性があります。

Q:塗布すると暗くなりませんか?
A:塗布しても、可視光線透過率(目で見ることが出来る採光の事)はなんと77.9%。
  ちなみに車のフロントガラスは70%以上ですからいかに明るいかお分かりいただけると思います。
  もちろん有害な光線はしっかりとカットするので安心です。

Q:地球温暖化に役立つって本当ですか?
A:夏の冷房費、冬の暖房費を削除できますから、ご家庭のCO2排出量も削減できるというわけです。
  ヒートアイランド現象にも地球温暖化対策にも、とっても効果的なのです。