塗装工事

塗装の塗替えの目安

塗装の耐久年数をきちんと見据えて塗り替えを行うことによって、建物の寿命を延ばすことができます。


屋根
通常の耐久年数は6-8年が目安といわれています。 長年にわたり、雨風や日光にさらされるので、屋根の一部分が剥がれてきたり、反ってきたりする事もあります。

外壁
シーリングの劣化が酷い面だけ工事をすることが可能です。 足場を建てる必要が無い為、部分的な補修が迅速に行えます。 日差しが強い面は劣化も早いので、このような部分補修工事で対応できます。

鉄部
通常の耐久年数は3年程度が目安といわれています。 サビが出たり、塗装膜がはがれてきたら塗替えの目安です。

木部
通常の耐久年数は5年程度が目安といわれています。 色ツヤが褪せてきたり、塗装面がはがれてきたら塗替えの目安です。



塗料の種類

耐久年数の目安 特徴 こんなお宅に
アクリル系 4〜6年 低コスト 最もコストパフォーマンスに優れている。
「ちょっと塗っておく」という方には最適。耐久年数が短いので、塗った後も定期的にチェックを。
ウレタン系 8〜10年 低汚染型 セラミック配合のものがあり、つやが出ている間は雨で埃も流してくれる。費用の面でも◎。
シリコン系 13〜15年 つやが長持ち ウレタン同様にセラミック配合があり、つやがより一層長持ちする。
フッ素系は18〜20年と耐用年数が長い。一度手を加えたらしばらく何もしないという方にお薦め。マンションの外壁や、外壁面積の大きいお宅にお薦め。
自然石調仕上げ 20〜25年 耐久年数が長い 自然石の質感に迫り、よりワイドなカラーバリエーションを取り揃えています。色が変色したり退色せず、いつまでも変わらない性能を発揮し、長期にわたる耐久性・耐汚染性に優れています。

施工期間

塗る範囲・住宅の大きさによっても変わりますが、約1週間程度が目安になります。

通常の塗替え工事は、3回塗って仕上げられます。下塗りを行い、上塗りを2回行います。

塗装を長持ちさせるには、塗料の質はもちろんのこと大切ですが、
  1. 下地処理をきちんとやっている事
  2. 塗装面をきちんと乾燥させる事
  3. 適度な量を塗っている事
以上の3点が重要です。
確かな技術でお客様の家を長く守ります。