シーリング工事

シーリング打ち替えの目安

シーリングは紫外線や、温度変化、地震等の要因により劣化します。


打ち替え時期
通常の耐久年数は5-10年が目安といわれていますが、シーリングが切れたり、ひび割れてきたら、打ち替えが必要です。 あまり放置してしまうと雨水等が建物内部に入り込み建物劣化を招いてしまいます。定期的な打ち替えをお勧めします。


エレワールの無足場工法では
シーリングの劣化が酷い面だけ工事をすることが可能です。 足場を建てる必要が無い為、部分的な補修が迅速に行えます。 日差しが強い面は劣化も早いので、このような部分補修工事で対応できます。



シーリング工事の工程

シーリング工事の工程は、以下の順序で行います。

劣化したシーリングの除去
劣化したシーリングをペンチやカッターなどでしっかり除去します。 除去後は汚れや埃を取り除きます。

マスキングテープを貼り、プライマーの塗布
プライマーでシーリング剤の密着をよくします。 目地が深いときは、目地の中にバックアップ材を入れます。

シーリング剤を充填し、へらで平滑に
シーリング剤が奥までしっかり埋まるように充填します。 シーリングの仕上げの綺麗さが職人の技の見せ所です。

テープを取り除いて完成


シーリング剤の種類

建物の目地は、揺れなどによって動きが生じます。 シーリング剤はその動きに追従して建物内部に水が入り込まないようにする効果があります。 シーリングは紫外線や、地震等の要因により劣化します。 用途に適したシーリング剤を使用します。 よく使われるシーリング剤の特徴を紹介します。

シリコン系
紫外線に強く、耐久性に優れ、乾燥が速い。 塗料は弾いてしまうため、上塗りは出来ない。 ガラス廻りに適している。 動きの多い部分には適さない。

変性シリコン系
紫外線による劣化が少ない。 塗装の上塗りが出来る。 ガラス廻りには使用できない。

ウレタン系
耐久性はあるが、紫外線に弱く汚れやすい。 塗料を上にのせる場合に使用される。

ポリサルファイド系
耐久性、弾力性がある。 塗料を上にのせると変色や密着不足があるため、あまり適さない。